美肌には突然なれない

「美肌には突然なれない」これは長年自身の肌で実験を繰り返して感じた事です。



話題の化粧品はひとしきり使用してみました。皮膚科専売品も使用してみました。使用する化粧品によっては全く良くもならず、毒にも薬にもならない商品のように感じたものも多々ありました。効果が比較的期待できるような成分のものは、肌タイプによるのか乾燥が強まったり、くすみが出たりした事もあります。広告の関係で間違ったうわさが独り歩きしているような商品もすごく存在しています。



一切の化粧品を断って本来の状態に戻すということにもトライしてみました。2年半にも及ぶ肌断食の実験においての結果は何もしなかった時期の代償は予想以上に大きかったという事。人間の細胞の入れ替わりやお肌のターンオーバーの日数を考えると簡単に元の肌に戻ると考えていました。乾燥し続けた皮膚が元の状態に戻るまでに1年以上かかりました。自力での回復は難しく、皮膚科や化粧品の力で元の肌に戻る事が出来ました。



どんな美容法においても「美は一日にしてならず」というのが鉄則です。自分が一度信じた美容法、化粧品は一定の期間実行、使用してみなければ答えは出ません。そしてこれだと信じた化粧品をコツコツと使い続けていると、数か月後、数年後と確実に肌が変わってきます。年齢を重ねてもきれいで若々しい肌をキープできると信じています。



全ては「美しくなりたい気持ち」です。お肌を見れば今幸せかどうかもわかってしまうしつやめく肌にはただただ圧倒されるものです。