皮膚科で使用されるアプレシエ(APPS)

アプレシエと言われると聞きなれない成分のように思われるかもしれません。
ビタミンC誘導体の一つなのですが別名「スーパービタミンC」と言われています。



リン酸型ビタミンCにパルミチン酸という脂質を加えることで、肌への吸収率を桁違いに高めた進化型のビタミンC誘導体なんです。美容皮膚科では昔から治療に使用されるほど有効な成分です。




しみやしわなどの治療として多くの美容皮膚科やクリニックで処方されている外用剤に、高濃度のハイドロキノン(美白成分)や、レチノイン酸(ビタミンA誘導体)があります。
これらは即効性が高い一方で、肌への刺激が強かったり、赤みや腫れなどが生じるなどして回復まで時間がかかるといったデメリットがあります。




また、しわやしみ対策としてレーザー治療や、毛穴の開きやくすみ、小じわなどの肌悩みを解消するフラッシュランプなどの光治療がありますが、効果が高い反面、かさぶたや赤みが生じ、ダウンタイム(回復までかかる時間)を要する場合もあります。




ところがスーパービタミンCは外用剤としても導入機器での使用でも副作用やダウンタイムは全くない上に、確実に透明感のある美肌を作り出してくれるという、フラーレンと同様に夢の成分なんです。




スーパービタミンCはただのビタミンC誘導体ではないので、使用していると肌が白くなるという美白効果は当然ですが、ただ白くなるだけではなく「色むらのない、明るく透き通るような肌になる」というのが特徴です。




この透明感をもたらす理由は「強力な抗酸化力」です。
肌を酸化させたり、細胞を傷つける活性酸素を除去することで、様々なトラブルを防ぐことができ、肌が健やかな状態に保たれ誰もがうらやむような美肌がうまれるのです。




フラーレンの抗酸化力とアプレシエの抗酸化力で無敵の美容液ですのでぜひ1度お試し下さい。