フラーレンの強力な抗酸化力と持続力

お肌のお悩みと言えば「しみ、しわ、ニキビ、毛穴、乾燥、肌荒れ、クマ、くすみ、たるみ」それぞれの症状に合わせて各種有効成分は異なるので、「どの化粧品が私に合っているのかな。」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。




化粧品に使用される成分の中には、全ての症状においてオールマイティに効果をもたらす優れた成分も存在するんです。次の成分は私が知る限り万能成分です。




カロテノイド(カロテン、リコピン、アスタキサンチンなど美白、抗しわ、抗酸化で使用される事が多い)トコフェロール(ビタミンE、生体内脂質に対する重要な抗酸化物質)レチノイド類(抗しわで使用されがちなレチノールなど刺激は強いですが万能成分)フラーレン(強力な抗酸化物質)




そのなかでも「フラーレン」は群を抜いて非常に優れた成分なんです。皮膚科の商品では「フラーレンとアプレシエ(APPS)」を使用したものが販売されています。アプレシエは皮膚科の治療で昔から使用されており別名「スーパービタミンC」と言われる成分です。どちらも「皮膚への刺激や負担が少ない上に、万能薬である」という夢のような成分なんです。




皮膚科で使用されているものには裏付けのあるものしか存在しませんので、間違いない成分を1本にまとめようと考えた結果出来上がった美容液が今回の商品なんです。正直なところ各方面の意見を仰ぎこれしかない。というものに仕上げた感じです。
ちょっと小難しいけれど優秀成分フラーレンに興味がある方は読み進めてみてください。以下は特許を取得している会社のサイトより抜粋させていただきました。




〈フラーレンは高い抗酸化力(活性酸素消去能)を有していることが知られていますが一般的に活性酸素消去剤と知られていて、アスコルビン酸(ビタミンC)トコフェロール(ビタミンE)ポリフェノール類とフラーレンの大きな違いは、抗酸化メカニズムと光安定性です。




一般的な抗酸化物質であるアスコルビン酸の抗酸化メカニズムは、水素をもっていることによって起こる酸化還元反応であるのに対し、フラーレンは水素をもっておらず、電子によって酸化還元反応をを起こします。




光安定性については、一般的な抗酸化物質は、光に対して安定性が低く、光照射によって容易に酸化・分解し、光照射後は活性酸素消去能が失われるのに対し、フラーレンは光安定性に優れ、光照射後でも安定した活性酸素消去能を維持することから優れた活性酸素消去能を有し、なおかつ光・熱など安定性にも優れているのが最大の特徴です。




フラーレンには優れた活性酸素除去効果がありますが、その抗酸化能は「高い」というだけでなく、「持続力がある」ことでも知られています。「持続力」を語る上で欠かせないのが、フラーレンの活性酸素除去メカニズム。これまでの研究で、フラーレンの活性酸素除去メカニズムは、活性酸素を取り込む(活性酸素吸着型)か、または触媒的に活性酸素を分解する(活性酸素分解型)ということがわかっています。この独特なメカニズムが、「強くて持続力のある」抗酸化力を生み出しているのです。〉




論文などいくつか書かれていて科学的な根拠のある成分なんです。実際私自身フラーレンとアプレシエを使用しだして透き通るような肌を手に入れる事が出来ており驚いています。1度使用したら二度と手離せなくなるはずです。ぜひ1度お試し下さい。